スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 第三話「~*~過去~*~」

霧あふれる意味不明な空間…。そこはまさに不気味だ…。
「ここはドコ??」と少女は小さな声でつぶやいた…。

ラビット:この扉を開けてごらん。きっとここに君の望む世界がある。君の名はそう…紅。

はるか昔からある扉、選ばれた少女にだけ現れるウサギ…それはまるでお伽話の世界。


                第三話「~*~過去~*~」
2人は顔を見合わせた。そして…
「「運命…」」と小さい声でつぶやいた…。

すると「ギリード^^」と上から声がした。
見上げてみるとそこには、少年が…。
その少年にギリードは「こんにちは。」と軽く返事をした。
そしたら少年が「その2人は誰??」と、香恋と仁を指差した。
ギリードは少し焦ったように「よしなさい、こちらの方は紅ですよ…。」と答えた。

「紅!!やっと来たのか紅が!!それなら俺らもお供しよう!!あと、この国の話もしてやろう!!」
少年にびっくりしながらも「じゃあ、この国のお話をして☆」と香恋が言った。

少年が話し出す。
「この国にはな、昔双子の王子が居たんだ…。双子は幼い頃とてもとても仲が良くてな。

でも、それは幼い頃の話だ。12・13になった頃この国の国王が倒れ次の後継者候補として、国王の

息子の双子が選ばれた。普通なら、兄が国王になるんたが…兄は頭も使えんし精神的にも弱かっ

た。それに比べて弟は頭もよく意志も強くしっかりしていたラシイ…。

選挙の結果…やはり国王は弟になった…。すると双子の仲が悪くなり次第に兄が暴れだすようになった…。

それに耐えられなくなった国王(弟)はある日この国から姿を消した…。当然その後は兄が国王とし

て、権力を振り回した…。

動物を人に変え、自分の駒とし働かなかったら小さい虫に変えられる…。

明るく活気のあったこの国がこの有様さ…」
そして少年が小さくため息をついた。
「あっ!!俺の名前はラヌハ・マルナ^^」
そう行ってラヌハは笑った。


「では、先を急ぎましょう…。」胸の大きな時計を見てギリードは言った。
「お屋敷はすぐそこだぁ!!」興奮気味にラヌハが言った。

「なぇこの国を助けてよ…。」誰にも聞こえない小さい声で叫ぶギリード
「もう誰も助からない…。」と諦める人々
次回青い薔薇「~*~救い~*~」
スポンサーサイト

青い薔薇「~*~違う~*~」

前回のあらすじ☆
ギリードにつれられて香恋と仁は不思議な国にやってきた。
なんと2人はこれからこの国の王子に会わなくてはならないらしい…。

霧あふれる意味不明な空間…。そこはまさに不気味だ…。
「ここはドコ??」と少女は小さな声でつぶやいた…。

ラビット:この扉を開けてごらん。きっとここに君の望む世界がある。君の名はそう…紅。

はるか昔からある扉、選ばれた少女にだけ現れるウサギ…それはまるでお伽話の世界。


                第三話「~*~違う~*~」
2人は顔を見合わせた。そして…
「「運命…」」と小さい声でつぶやいた…。

すると「ギリード^^」と上から声がした。
見上げてみるとそこには、少年が…。
その少年にギリードは「こんにちは。」と軽く返事をした。
そしたら少年が「その2人は誰??」と、香恋と仁を指差した。
ギリードは少し焦ったように「よしなさい、こちらの方は紅ですよ…。」と答えた。

「紅!!やっと来たのか紅が!!それなら俺らもお供しよう!!あと、この国の話もしてやろう!!」
少年にびっくりしながらも「じゃあ、この国のお話をして☆」と香恋が言った。

少年が話し出す。
「この国な、昔双子の王子が居たんだ…。双子は幼い頃とてもとても仲が良くてな。

でも、それは幼い頃の話だ。12・13になった頃この国の国王が倒れ次の後継者候補として、国王の

息子の双子が選ばれた。普通なら、兄が国王になるんたが…兄は頭も使えんし精神的にも弱かっ

た。それに比べて弟は頭もよく意志も強くしっかりしていたラシイ…。

選挙の結果…やはり国王は弟になった…。すると双子の仲が悪くなり次第に兄が暴れだすようになっ
た…。

それに耐えられなくなった国王(弟)はある日この国から姿を消した…。当然その後は兄が国王とし

て、権力を振り回した…。

動物を人に変え、自分の駒とし働かなかったら小さい虫に変えられる…。

明るく活気のあったこの国がこの有様さ…」
そして少年が小さくため息をついた。
「あっ!!俺の名前はラヌハ・マルナ^^」

まだまだ続きよ^^バイチャー☆

青い薔薇「*~*運命*~*」

前回のあらすじ☆
静岡 香恋・鈴木 仁はあるボロ屋敷に閉じ込められてしまった…。
そこに現れたのは時計のウサギ…ではなく3色の薔薇を持った美少年。
その少年は「ついて来て」と赤い扉に消えた…。


霧あふれる意味不明な空間…。そこはまさに不気味だ…。
「ここはドコ??」と少女は小さな声でつぶやいた…。

ラビット:この扉を開けてごらん。きっとここに君の望む世界がある。君の名はそう…紅。

はるか昔からある扉、選ばれた少女にだけ現れるウサギ…それはまるでお伽話の世界。

           第二話「*~*運命*~*」
そこにウサギはいなかった、その代わり美少年が一人青い薔薇と赤い薔薇、白い薔薇を持っていた…。
「もしかして君は紅カイ??」
少年はそう言った。
その後少し笑って
「ついて来てください2人とも」
といって赤い扉に消えた…。

「待って!!」
香恋はあわてて少年の後をついて行った。
「おぃ!!香恋!!…」
香恋に続いて仁も。

そこは綺麗な花道で妖精が居てもおかしくないとすら思えた。

「あなたは誰??」
少年に尋ねた。
「僕は王子に使える者です」
と少年が答えた。
「そうじゃなくてぇ~。名前!!君の名前は??」
もう一度少年に尋ねた。
「名前ですか??名前はギリード・ルセルです。」
少し不思議そうに少年は答えた。

「私は香恋、こっちが幼馴染の仁^^ヨロシクね☆」
「香恋さんと仁さんですか^^」
ギリードは綺麗に微笑んだ。

少し歩いていくと大きな白いお城が見えた。
「おっきいお城だねぇ~♪誰が住んでるの??」
「この世界の王子です。」
「「…」」
思わぬ展開に二人とも口をアングリ開いて固まった。
その二人を横目で見て「これから2人は王子に挨拶に行くのです。」
「…なんで??」
「あなたが紅だからです。」
当たり前のようにギリードは言った。
「{あなた}ってことは俺は紅って奴じゃねぇのか??」
「はい。紅がこの世界であるのなら仁さんはこの青い薔薇程度です。」
仁は少し顔をゆがめて「悪かったな!!青い薔薇程度で!!て・い・どで!!」
「てか紅って何だよ…ハンドルネームか??」
「違います。世界を救うために生まれたときから決まっている。いわゆる運命という奴です。」
2人は顔を見合わせた。そして…
「「運命…」」と小さい声でつぶやいた…。

次回青い薔薇「*~*過去*~*」
悲しい過去を話す少年…。





青い薔薇*~*運命*~*

前回のあらすじ☆
静岡 香恋・鈴木 仁はあるボロ屋敷に閉じ込められてしまった…。
そこに現れたのは時計のウサギ…ではなく3色の薔薇を持った美少年。
その少年は「ついて来て」と赤い扉に消えた…。


霧あふれる意味不明な空間…。そこはまさに不気味だ…。
「ここはドコ??」と少女は小さな声でつぶやいた…。

ラビット:この扉を開けてごらん。きっとここに君の望む世界がある。君の名はそう…紅。

はるか昔からある扉、選ばれた少女にだけ現れるウサギ…それはまるでお伽話の世界。

           第二話「*~*運命*~*」
そこにウサギはいなかった、その代わり美少年が一人青い薔薇と赤い薔薇、白い薔薇を持っていた…。
「もしかして君は紅カイ??」
少年はそう言った。
その後少し笑って
「ついて来てください2人とも」
といって赤い扉に消えた…。

「待って!!」
香恋はあわてて少年の後をついて行った。
「おぃ!!香恋!!…」
香恋に続いて仁も。

そこは綺麗な花道で妖精が居てもおかしくないとすら思えた。

「あなたは誰??」
少年に尋ねた。
「僕は王子に使える者です」
と少年が答えた。
「そうじゃなくてぇ~。名前!!君の名前は??」
もう一度少年に尋ねた。
「名前ですか??名前はギリード・ルセルです。」
少し不思議そうに少年は答えた。

「私は香恋、こっちが幼馴染の仁^^ヨロシクね☆」
「香恋さんと仁さんですか^^」
ギリードは綺麗に微笑んだ。

まだまだ続くよ第二話「*~*運命*~*~」





青い薔薇1話「*~*出会い*~*」

霧あふれる意味不明な空間…。そこはまさに不気味だ…。
「ここはドコ??」と少女は小さな声でつぶやいた…。

ラビット:この扉を開けてごらん。きっとここに君の望む世界がある。君の名はそう…紅。

はるか昔からある扉、選ばれた少女にだけ現れるウサギ…それはまるでお伽話の世界。


               第一「*~*出会い*~*」
「早く早く!!仁見てみなよ^^きれいだよ☆」
幼馴染の仁に向かって叫ぶ高2の静岡・香恋冒険大好き~~な女の子☆カレシは居ない。
「待てよ!!香恋n~~!!」
今日は流星群を見るために夜遅くまでおきてたんだ☆

でも、本当に綺麗だ☆暗闇の中にきらきらと輝く無数の星!!
星に手が届きそうだ……。
「綺麗だね仁…。」
「あぁ…。」
少し間が開いて仁は答えた…。その間仁が何を考えてたのか分からないけど…なんか少しほっとしたんだ…。
「明日はボロ屋敷探検ね☆」
私はくいっと口を広げて思いっきり笑った。
そしたら呆れ顔で仁は「ハイハイ」と答えた。


てらてらと光る太陽の下私は大きな声お張り上げてとても興奮していた。
「やって来ましたボロ屋敷!!」
私達は約束通りボロ屋敷探検にやって来たのだ。

その屋敷は私達生まれるずっと前から誰も住んでいない。
私は元気よく走り出した、この後何が起こるかも知らずに…。

キッキッキッッッ
扉がキッキッキッッッっと嫌なメロディ~を奏でた。
ガチャン・カチャッ
扉が閉まると同時に「カチャッ」と変な音がした…。
「なぁ…おぃ香恋…これ鍵閉まってるかなんかであかねーぞ…」
「え~~~!!」

とりあえず窓とかいろいろ見てみよう、ということになったが…。
おかしい……。
どの扉も、どの窓も開いていない…。
来たときからだいぶたった、今は14:30。


「「出口無い…。」」
時刻14:55。地獄のタイムリミットが始まる…。

「あっ…。」
香恋が扉が少し開いている部屋を見つけた…。
ベットと本棚しかないシンプルな部屋だ。
でも、カーペットが変。
そこをめくると…赤い抜け口のような扉があった。
「仁~!!ねぇ~仁~!!出口かもよ♪」
「マジ!!あっ…鍵かっかてるぞ…」
赤い扉をガチャガチャしていたら…ヒラヒラ
「「??」」
一枚の紙が落ちて来た。
そこには…


ラビット:この扉を開けてごらん。きっとここに君の望む世界がある。君の名はそう…紅。
この扉を開けたいカイ??君が望むなら開けてあげよう。でも君にその資格があればの話だ。
紅としての資格が…。君が紅に相応しいければ僕は君の望みを叶えよう。

紅に相応しい少女だけに現れよう。ティータムは15:00からだ。赤い扉の前で…。

「3時?ねぇ仁今何時??」
「今14:59。3時まであと10・9・8・7・6・5・4・3・2・1・0」

そこにウサギはいなかった、その代わり美少年が一人青い薔薇と赤い薔薇、白い薔薇を持っていた…。
「もしかして君は紅カイ??」
少年はそう言った。
その後少し笑って
「ついて来てくださいで2人とも」
といって赤い扉に消えた…。

次回「青い薔薇*~*運命*~*」
赤い扉に消えた少年




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。